看護師や異動や転職をする理由は?

看護師は自分の夢をかなえる途中経過だった

看護師は自分の夢をかなえる途中経過だった

大学卒業後に看護資格を取った

30代前半既婚で子持ち、看護師経験8年の女性です。私は大学を卒業してから看護師の資格を取り、地元から近い総合病院に就職しました。大学での専攻はスポーツ生理学だったのですが、趣味で人間の体に興味を持ち、そして運動も体の機能を使用していることから、看護師になろうと思い就職しました。就職先は、総合病院でいろんな診療科を備えている病院でした。かなり知名度も高く、内科や外科外来で勤務していたのですが、給与はかなりいい方でしたね。福利厚生もかなりいい方でした。

子育てで休職中に夢を思い出し

看護師の仕事をしていたとき、伴侶と出会い結婚しました。出産したことで育休に入ったのですが、そのとき以前に通っていた大学の友達と偶然出会っていろんな話を聞いているうちに、自分の夢をもう一度追いかけてみようと思ったのです。自分の夢とはスポーツトレーナーになることですが。ちょうど子どもも小さかったことだし、家にいる間に勉強する時間がありました。昔の教科書から、図書館から借りてきた本などで復習をして、現在のシステムとかをインターネットとで調べて、いろんな情報を集めたんです。育休から復職するときに、看護師を辞めてスポーツトレーナーになろうということを旦那に相談して、更に職場の同僚にも話をしました。

看護師を辞めることに特に抵抗なかった

スポーツトレーナーに転職できるめどがついて看護師を退職するときは、上司への相談はほとんどしていないですね。退職届は普通に提出しました。病院も退職するときは事務的な手続きだけで済みました。看護師自体を辞めるということも伝えてあったせいか、特に引き止められることもなかったです。

もともとやりたかった仕事に就けた

現在の職場、つまり転職先は、個人で経営しているパーソナルジムです。ジムのオーナーの傍らでスポーツ栄養学、筋肉を発達させるための方法などを勉強して実践しています。転職先を選ぶとき優先した条件は、幅広く活動できる、そしてカバーする範囲が広いことですね。あとは給与面です。大学時代から追いかけていた夢を、子どもを出産してからかなえようとしている自分ですが、転職してよかったと思っています。

自分はちょっと特殊な例かもしれないけれど

私の場合は大学時代に勉強していたことが、看護師という職歴を経て役に立った感じです。体のことが好きだったので、栄養学やスポーツ生理学を大学のときに勉強しました。そして看護師として、傷ついた体をどうやって回復させていくのかも目の当たりにしました。結局元に戻れたことは、自分にとってかなり幸運でしたね。職場では特にセクハラやいじめもなく、無事に過ごしていましたから。それに看護師として勤務していると、患者さんの心理的なものとか見えてくることがあります。患者さんを励ましたりすることは、自分のメンタルも強くすることもあるので、そこらへんはどの場面でも応用できるんではないでしょうか。

看護師:異動の理由

看護師:転職サイト利用

看護師:転職失敗?

看護師:他の職種へ転職

看護師:環境が合わず転職

看護師:ライフイベント転職